一年で取り戻せる学習法

高校受験の専門塾ということですが、受験に大切なことは何ですか?

お願いしたいことは、2つです。 1つは、春期に1年のスタートを切って欲しいということです。当塾でも、部活が終了して夏休みからという生徒さんもいるのですが、ペースをつかむのが大変そうですね。
塾のカリキュラムも、1学期に基礎的な内容を復習し、夏・冬とレベルを上げて繰り返します。最初から学習すると土台がしっかりして、大きな成果につながります。
もう1つは、授業を休まないということです。いろいろな都合や体調もありまして年間を通して休まないというのは、意外と大変です。しかし休むと空白ができるだけでなく、学習習慣がつかず勉強のペースをつくれませんので、成績が停滞してしまいます。欠席をしないということは学習成果を上げるために特に大切です。この2点をお願いしたいですね。

1年間の学習をどんなふうに進めていくのですか?

1学期は、中3内容を集中して学習します。中間・期末の定期テストに全力で取り組みます。成績upを実感してもらって自信とやる気を持ってもらうためです。みんな、今までに取ったことがないような点数に手応えを感じているようです。 夏期講習の前半で、英・数は中1・2の復習をします。石下地区の生徒さんは、能力があるのに鍛えられていないという感じですね。この時期から、定期テスト中心から実力テストに重点を移していきます。理・社・国は4月から少しずつ復習をしていかないと間に合いませんので、1学期中も復習中心です。2学期からは、入試問題に入ります。茨城県立はもちろん、他県や私立の入試問題も数多くやります。学習のポイントがつかめて知識が整理されていきます。最後に実践的な演習で仕上げます。

講習会や特別授業が充実しているように思いますが、どのような効果がありますか。それから、今年度の定員を教えてください。

 各時期に合わせて、テーマをはっきりと決めて特別授業を行っています。通常の授業では、なかなかまとまった時間を確保することが難しく、しかしまとめて取り組めば大きな成果を産むような内容があります。1日6時間と長時間ですが、授業・自主学習・テストを組合せて、集中して学習できるような工夫をしています。1年間という限られた時間で準備しなければならないので、これらの特別授業は年間カリキュラムの中で、非常に重要です。
今年度の定員は、1クラス12名で、2クラス設定で考えています。

ページのトップへ戻る